テサランが汗疱(かんぽう)の予防になる?その理由とは!?

テサランを使うと汗疱は防げる?

テサラン,汗疱

 

手汗をかくと手のひらにプツプツができたり、痒みなどと言った症状が出る「汗疱(かんぽう)」。

 

手汗を抑えてくれると、口コミや各種メディアでも取り上げられた手汗対策クリーム「テサラン」。

 

そこでテサランは、本当に汗疱の予防になるのか?調べてみました。

 

テサランは汗疱にも使える?

テサラン,汗疱

 

テサランは手汗が原因で出来る汗疱に効果があるのでしょうか?結論から言うと、一定の効果は期待できると思います。

 

なぜ一定かと言うと、テサランを使っても汗疱を治すことはできないから。

 

汗疱は手のひらや指、足の裏などに小さな水疱(水ぶくれ)がたくさん出来ることです。

 

テサラン,汗疱
出典:アース皮ふ科クリニック

 

手汗がたくさん出ることで、お肌(角質層)がふやけてしまいます。

 

ふやけた肌が汗の出口を塞いでしまうので、汗が皮膚の中に溜まってしまうのです。

 

そうすると、外に出られない汗は肌の表面や内部で炎症を起こし、痒みや肌荒れの原因になってしまいます。

 

汗疱は春や夏など季節の変わり目に多く見られるようで、手のひらや足の裏に汗をかきやすい人が発症するようです。

 

汗疱は汗がきっかけでなる病気とも言われているので、汗を抑えることで汗疱の予防にもつながると言えます。

 

では、テサランはどのように汗疱を予防してくれるのでしょうか?

 

手汗を抑えてくれる成分

 

上記でもお伝えしましたが、汗疱は汗が原因で起こる病気なので汗を抑えることが一番です。

 

テサランに配合されている有効成分は

 

クロルドロキシアルミニウム 汗の分泌を減らしてくれる。
イソプロピルメチルフェノール 雑菌をやっつけてくれる。

 

これら2つの有効成分が、汗疱の原因である手汗を抑えてくれます。

 

特にクロルドロキシアルミニウムが汗と反応すると、被膜をつくり汗腺の出口を塞いでくれる役割があるようです。

 

テサラン,汗疱

 

これにより、汗が出にくくなるんですね。

 

7種類の天然由来成分で肌を整える

テサラン,汗疱

 

実は手汗を抑えるだけでなく、手のひらの環境を整えることも大切。

 

テサランには「ツボクサエキス・オウゴンエキス・イタドリエキス・カキタンニン・チャ葉エキス・カンゾウエキス・天然ビタミンE」の7種類のエキスを配合。

 

手汗を抑えるだけでなく保湿や肌荒れ、雑菌を抑えることでトータルで肌の環境を整えてくれます

 

手汗が出る時期だけテサランを使うのではなく、手汗が出てなくても日常から使うことで汗疱の予防と、手荒れやカサつきの予防にもつながるんですね。

 

副作用は?安全性は?

テサラン,汗疱

 

いくら手汗を抑えてくれるとは言っても、副作用が出るようなら安心して使うことはできませんよね。

 

テサランに配合されている「クロルドロキシアルミニウム」は高い制汗力があるのに肌にやさしい成分です。

 

手汗を抑えてくれる成分に「塩化アルミニウム」があります。

 

今現在、販売されている中で塩化アルミニウムは一番、制汗力がありますがその反面、肌荒れが起こる可能性が高い成分でもあるんです。

 

テサラン,汗疱

 

副作用としては「かぶれ・痒み・ただれ・赤み」などと言った刺激皮膚炎や、ピリピリ、むずむずするなどの違和感が起こる場合があります。

 

なので、塩化アルミニウムは強い刺激を持った化学物質なので、敏感肌さんや乾燥肌さんには不向きな成分。

 

その点クロルドロキシアルミニウムは、塩化アルミニウムよりも制汗力は劣りますが、肌にはやさしいので敏感肌・乾燥肌さんでも安心して使うことができます

 

全ての方に副作用が出ないわけではありません。心配な方はパッチテストを実施してから使うことをおすすめします。

 

また、石油系界面活性剤・合成着色料・鉱物油・パラベンなど、お肌に負担のかかる成分が配合されていません

 

テサラン,汗疱

 

特に石油系界面活性剤は、避けたい添加物のひとつ。

 

石油系界面活性剤は、肌に必要な皮脂まで奪ってしまうので敏感肌さんや乾燥肌さんが毎日使うと肌がカラカラに乾燥し、皮剥けの原因にも。

 

テサランは刺激の少ない有効成分と無添加で作られているので、肌荒れが心配な人でも極めて副作用は低いのではないでしょうか

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

もし、汗疱ができてしまったら皮膚科を受診することをおすすめします。

 

汗疱ができたからと言って、間違ってもテサランを使うことはやめてください。

 

適切な治療をして、汗疱を治してから手汗対策でテサランを使うようにしましょう。

 

 

 

 

 

トップへ戻る